So-net無料ブログ作成
曲の備忘録 ~スタンダード ブログトップ
前の10件 | -

Bewitched [曲の備忘録 ~スタンダード]

また次なるバラードに挑戦します。

アレンジを加えて色々変化を楽しむのも大好きだけど、基本的にメロディーが美しいバラードの曲は、
そのままを、聴き手の心に響くように、美しく歌いあげるのが一番良いと思っています。
そして、それが一番難しい。
だからこそ、楽しい!

私のリーダーライブでは、よく最後のセットで、ピアノやギターとのデュオの曲を一つ入れています。

ここで選ぶバラードは、だいたい、ぶっつけ本番でやることが多いです。

個人的に、挑戦でありお楽しみであり、とても好きな時間[るんるん]

ライブにいらっしゃる方は、是非最後のセットまで残って、聴いていただけたら嬉しいです。


さてー次はこの曲!
かなり昔に、勧められた曲です。


【曲名】 Bewitched (1940年)
- Music by Richard Rodgers
- Lyrics by Lorenz Hart


【曲について】

Bewitched(Bewitched, Bothered and Bewildered)」、邦題は「魅せられて」

「Bewitched」と言えば、その昔「奥様は魔女」というアメリカのテレビ番組の原題でもあります。
魔法にかけられる、というような意味です。
とはいっても、この曲と番組は全く関係ありません。
Richard RodgersとLorenz Hartという黄金コンビによる、ブロードウェイミュージカル「Pal Joey」の曲です。

とんでもないプレイボーイのJoeyが心から惹かれてしまうのは、お堅い女性Vera。
そのVeraもJoeyに惹かれていき、そんなシーンで歌われる歌です。
バカな男を好きになっちゃったわ。と、そんな歌。

1940年ってどんな年だったのかというと、
ヒトラー率いるドイツ軍がヨーロッパの周辺国に侵攻しまくっていたり、日独伊三国軍事同盟が成立したり、世界が大戦へとなだれ込もうという間際でした。
東京ではこの年、ダンス禁止令なんてものが出されて、ダンスホールも閉鎖されたんですって!

学生時代に世界史でこんなことを勉強した時には、政治のことばかり書いてあったけど、そんな時代でも流行りの音楽はあったんですね。

意味はこんな感じ。

<verse>
そう、彼はおバカな男。
でもそんなおバカさんなところが彼の魅力なの
すっかり恋してしまった私の心は
隠しきれないわね

恋をすればいつでもそう
最近また切なくて夜も眠れない
このどうしようもない男が
私の調子をすっかり狂わせてるの

<Chorus>
またドキドキしてる また夢中になってる
一人で子どもみたいに にやけたりメソメソしたり
また魅了されて、悩まされて、惑わされてるわ

眠れないし これからも眠れないでしょう
恋する気持ちが私に教えるのよ 眠るべきではないと
また魅了されて、悩まされて、惑わされてるわ

完全に自分を見失ってしまった
でも私は構わないわ
彼は確かに冷たい
私の気持ちを笑うかもしれない
それでも彼の笑顔が好きだから
構わないと思えるわ

彼のために歌うわ
春が来るたびに何度でも
そして彼に寄り添える日を夢見るの
また魅了されて、悩まされて、惑わされてるわ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

The Gift(Ricado Bossa Nova) [曲の備忘録 ~スタンダード]

今ごろ新年のご挨拶をするのも遅すぎますが、2017年もよろしくお願いいたします!
年末年始は体調を崩し続けて、参りましたぐすん。
しかもパソコンの環境を完全に新しくしたんですが、Windowsから久しぶりのMac。
いちいち思い出しながらやらなくてはならず、諸々の作業が全く追いついておりません[たらーっ(汗)]

さて、今度の新曲はこちら!ボサノバです!

昨年末に聴きに行ったライブで歌われていたものがとても素敵で、自分も歌いたくなったという、いつもの単純な理由です。
聴きに来てください!

【曲名】 The Gift(Ricado Bossa Nova) (1959年)
- Music by Djalma Ferreira
- Lyrics by Luiz Antônio(ポルトガル語)、Paul Francis Webster(英語)


【曲について】
もともとはポルトガル語のボサノバの曲。
1965年頃からジャズの曲として流行りだしたそうです。

原題は、『Recado』。ポルトガル語で、「贈り物」という意味。

この世の中で一番の贈り物は、愛。
そして私が唯一欲しいものは、あなたの愛。

そういう感じの歌です。


意味はこんな感じ。
ベルベットの手袋も 真珠のネックレスもいらない
私が欲しいのは 愛という贈り物
金の指輪もいらない
むしろ全ての星が消え去って 私たち二人きりになった時
あなたと夢を語り合いたい

愛という贈り物は尊いもの
春の日の ほんの少しの魔法のように
愛の贈り物とは
誰もが求める黄金の夢
だから覚えておいて
私からの愛という贈り物を決して拒まないで

愛はいつまでも心に響き続けるメロディーのようにもなるけど
春の若いワインのように 指の間からするりとこぼれ落ちてしまうこともあるから

だからダーリン 優しくキスをして
いつか秘密の星が輝き 私たち二人を楽園へ導いてくれるまで
どんな運命が待っていようとも 私に言えるのは
愛こそが最上の贈り物であるということ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Look For The Silver Lining [曲の備忘録 ~スタンダード]

半年ほど前、「Jazz Singer's Handbook」という本を買ってみました。
ジャズボーカルの心構え的なところから、曲のアレンジ、リハーサルでの留意点などに至るまで、詳細に書かれた本でした。初心者にも分かりやすく解説されていたけど、プロとして活動しているシンガーにも大変勉強になる本!
久しぶりに勉強した充実感が味わえる一冊でした。

で、その中で参考曲として入っていたのが、この曲。

全く知らなかったけど、内容がとても良いのです。 前向き!!

【曲名】 Look For The Silver Lining (1919年)
- Music by Jerome Kern
- Lyrics by B.G. DeSylva


【曲について】
「Zip, Goes a Million」というミュージカルのために作られた曲。このミュージカルはあまりヒットしなかったようですが、その後、Judy Garland等によってカバーされて有名になってきた曲だそうです。

"Every cloud has a silver lining." ということわざがあります。

どんな雲でも、その裏側は輝いている

どんな曇り空でも、その上は輝いている

つまり、

悪いと思えることでも、全てのことには良い面があるんだよ。ということ。


意味はこんな感じ。

青空に雲がかげり始めたら
その裏の輝きを探してごらん

思い出して
どこかに太陽は輝いているんだ
君がやるべきことは
その太陽を君のために輝かせること

心を歓喜で満たせば
哀しみや争いはどこかへ消え去る

だからいつでもその輝きを探してごらん
そして人生の明るい面を見つけよう



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ballad Of The Sad Young Men [曲の備忘録 ~スタンダード]

先日ライブで歌ったバラードです。(この記事の方が後になっちゃった)

【曲名】 Ballad Of The Sad Young Men (1959年)
- Music by Tommy Wolf
- Lyrics by Fran Landesman


【曲について】

ピアニスト菊池太光氏が休憩中にピアノを弾きながら、「この曲、おおちさん好きそう」 と言っていました。

曲のタイトルを聞いてみたけど、全く知らない。
しかも、暗い。

こんな暗い曲、全然好きじゃないけどっ!!

と思っていたけど、帰ってからよくよく調べたら、
私が大好きな 「Spring Can Really Hang You Up The Most」 と同じ作曲家のものでした。
二曲とも、1959年「The Nervous」という舞台のために作られたもので、この舞台はあまりヒットしなかったようです。


とくに盛り上がりのない、淡々とした、けれども美しいメロディー。
(内容は絶望感に溢れているけど。)

ということで歌ってみることにしました。


意味はこんな感じ。

哀しい若者たちの歌を歌おうか
ウイスキーをグラスいっぱいにして
知らせはまた悪いことばかり
夢はもう捨てるんだね

哀しき若者たちはみな
バーカウンターに座り
毎日見るのは夜のネオンばかり
星なんてすっかり見ちゃいない

哀しき若者たちはみな
夜の街をさまよい
夜通し飲むんだ
おぼれないようにもがきながら

哀しき若者たちはみな
寒い夜に歌う
そうして忘れようとする
自分たちが老いていくことを

哀しき若者たちはみな
その若さゆえに苦しくなる
精一杯強がり
真実から逃げようとする

秋がくると木の葉は色づき
ゆっくりと人の心も枯れていく
哀しき若者たちはみな老いていく
とても残酷なことに

哀しき若者たちはみな
微笑んでくれる女をさがす
ほんの少しの間でも
抱きしめられる誰かを

疲れきった少女は
自分の全てを尽くし
哀しき男のために
明るく振る舞おうとする

ぼんやり薄汚れた月が
上から見下ろしている
哀しき若者たちが
抱き合うことを楽しんでいるのを

できそこないの月よ
哀しき若者たちを照らしてやってくれ
お前の照らす光で
彼らがもう一度家へ帰れるように

哀しき若者たちのために



それにしても、ジャズミュージシャンにも知られていない。
歌って沢山あるんですねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

If I Were A Bell [曲の備忘録 ~スタンダード]

Blossom Dearieが歌うこの曲がとても可愛いと聞いて、聴いてみたものの、スウィート過ぎる声が気になって暫く好きになれなかった曲でした。

ところが何度も聴くうちに 「いつか歌おうと思う曲リスト」 に加わってしまった曲です。

一旦練習してみようと歌ってみたら、あら楽しい。

あらあら、楽しい、楽しいニコニコ

こうなると何バージョンかのCDを繰り返し聴きまくって、歌のアドリブも、ピアノや管のソロも、頭から離れなくなって、夜ベッドに入っても頭の中で演奏が続きます(笑)

そんな感じで聴きまくり、一気に歌い込んでいます。

来月には正式にライブで披露できるかな。

高鳴るベルになった気持ちで歌うぞ~音符

【曲名】 If I Were A Bell (1991年)
- Music and Lyrics by Frank Loesser


【曲について】

マイルス・デイビスの作曲と思われがちですが、違います。
「Guys and Dolls」というミュージカルのために書かれた曲。

1956年に、マイルス・デイビスが「Relaxin'」というアルバムに収録したことで、ジャズスタンダードとなりました。

The Miles Davis Quintet:
trumpet - Miles Davis
tenor saxophone - John Coltrane
piano - Red Garland
bass - Paul Chambers
drums - Philly Joe Jones

キーンコーンカーンコーン というチャイムみたいなピアノから始まるのが有名です。

新学期ですねえ。


意味はこんな感じ。

私がどんな気持ちか聞いて
こんな風に抱きしめ合っていると
私がベルなら鳴りっぱなしよ
あなたとキスをしてしまったらもう
私がランプなら ぴかぴか光るでしょう
私が旗なら ハタハタとはためくでしょう

私がどんな気持ちか聞いて
おしとやかに育った私だけど
私が扉なら 開いたり閉じたり
私が時計なら ゼンマイが外れてしまう
ああ私がベルなら リンリン鳴りっぱなしよ

私がどんな気持ちか聞いて
これはもう化学の授業よ
私が橋なら 焼け落ちてしまうでしょう
私の自制心も粉々になってしまう
だってあなたがあまりにも素敵だから
私がアヒルなら鳴きっぱなしよ
七面鳥ならもう焼けてお料理になっちゃってるかも

私がどんな気持ちか聞いて
そんな風に優しく撫でられたら
私がサラダなら ドレッシングを飛び散らせてるわ
私が季節なら きっと春ね
ああ私がベルなら リンリン鳴りっぱなしよ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Skylark [曲の備忘録 ~スタンダード]

私にとっては超久々のスタンダード新曲です。

日本人ならどうしても大手ファミレスをイメージしてしまうこの名前。

鳥の 「ひばり」 のことです。

数年前、仲良しのボーカリストに 「ともちゃんにはこういう曲が合うと思う」 と言われて、そのうち歌おうと思っていたスタンダードです。
そのうちって思いながら数年経っちゃいました。。

アレンジを加えようと思いましたが、ひばりが空を飛ぶように、まっすぐ素直に歌うのがよいかなと、思い直しました。
替え歌を作りたい衝動をぐっとこらえ、 「歌い方で、曲そのものを表現する」 に挑戦したいと思います。

【曲名】 Skylark (1941年)
- Music by Hoagy Carmichael
- Lyrics by Johnny Mercer


【曲について】

Hoagy CarmichaelとJohnny Mercer。
超売れっ子の二人による作品ですが、この二人の共作はあまり多くはないんですね。

Hoagy Carmichaelといえば代表作は
Stardust」「Georgia on My Mind」「The Nearness of You」。

Johnny Mercerの代表作は
Autumn Leaves」「Satin Doll」「Moon River」「Days of Wine and Roses」「I'm Old Fashioned」などなど。

私がよく歌っている「Day In, Day Out」もこの人の作詞!

でも、曲が仕上がってからJohnny Mercerが歌詞を付けるまで、一年ほどかかったそうです。
詩には、Judy Garlandへの想いがあらわれている[黒ハート]とも言われています。


意味はこんな感じ。
ひばりよ 何か伝えてくれることはないか
恋人がどこにいるか 教えてくれないか

霧に包まれた草原に
私の口づけを待っている人はいなかったか

ひばりよ 新緑に萌える谷を見なかったか
私の心は暗い闇や雨をも越えて
花が一面を覆う その谷へ飛んでいきたい

お前がひとり飛んでいるときに
夜に奏でる音楽を聞かなかったか
鬼火のように微かで
狂人のように不可思議で
月に歌うジプシーのように切ない音楽を

ひばりよ
お前はまだ何も見ていないかもしれないが
私の心はお前の翼とともにある
だからもし それらを見ることがあれば
教えてくれないか
そして私を導いておくれ


そういや昔、タバコのコピーで 「Speak LARK」 ってありましたね。
今やタバコのCMなんてなくなりましたけど、当時LARKはこれでかなり売れたそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

That's All [曲の備忘録 ~スタンダード]

やっと新しい曲。

【曲名】 That's All (1952年)
- Music by Bob Haymes
- Lyrics by Alan Brandt


【曲について】

「I Can't Give You Anything But Love」や、
ポップスだと「Your Song」と同じような内容の歌。
男性を主語にしたほうがしっくり来ます。

君にあげられるのは愛だけ」。

内容よりも、歌詞の響きとメロディーがとても好きです。

スローバラードで歌うか、アップテンポのスウィングで歌うか・・・


意味はこんな感じ。

僕が君にあげることができるのは この変わらぬ愛だけ

そして君が呼ぶ時には いつも傍にいると約束できる

僕の心は君だけのものだ

ただ それだけ。


春には 田舎道を散歩することだったり

枯葉が散る頃には 手をつないでいることだったり

そして冬の夜は 僕の愛の灯で暖めてあげよう

ただ そんなことなんだ。


きっとこれまで 君に愛をささやいた人たちがいただろう

でもそんなものは たやすく壊れるだろう

僕が持っているのは 君を抱きしめるためのこの両腕

僕の愛は 時間には壊せないんだ


もし君が「じゃあお返しに何をすればいいの?」と聞くなら

君は喜ぶだろう だって僕の求めているものはとても小さいから

君が愛しているのは僕だと言って欲しい

今も そしてこれからもずっと

ただ それだけだよ


あら、内容も素敵。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

After You've Gone [曲の備忘録 ~スタンダード]


ある方から、歌って欲しいと言っていただいた曲です。

邦題「君去りしのち」。


【曲名】 After You've Gone (1918年)
- Music by Turner Layrton
- Lyrics by Henry Creamer


【曲について】

実に色んなバージョンで演奏されています。

バースもあったりなかったり、バラードだったりアップテンポのスウィングだったり。
歌詞もいくつかのバージョンがあるようです。

またその歌詞の解釈も一様ではないと思います。

バラードで歌えば、
去っていく恋人への未練タラタラでふさぎ込んでいる、ような感じがするし、

アップテンポで元気よく歌えば、
別れ話を切り出した恋人に対し、怒って逆に突き放している、ような感じになります。

これは、いくつかのバージョンで歌っていきたいと思う歌です。
うーん、まずはどんな感じでやろうかしら。

トリッキーな部分もあって、練習しがいのありそうな曲。楽しみです。


意味はこんな感じ。


あなたが去ってしまった後

あなたが私を泣かせた後

今度はあなたが悲しむに違いないわ

最良のパートナーを失って


忘れないで

あなたが後悔する時が来るのよ


あなたも私と同じように

寂しさを感じ傷心するの

そしてまた私だけを恋しく思うんだわ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Alfie [曲の備忘録 ~スタンダード]

次に歌う曲を考えていた時に、いつも一緒に練習しているピアニストさんと、バラードをやってみようという話になりました。

「アルフィーとかは?」

といって弾き始めてくれた曲、恥ずかしながら私はよく知らなかったんですが、家に帰って色々調べてみたら、とても興味深い曲でした。

【曲名】 Alfie (1966年)
- Music by Burt Bacharach
- Lyrics by Hal David


【曲について】

1966年に公開されたイギリスの映画「アルフィー」の主題歌。
遊び人だった青年アルフィーに、ついに本当に愛せる女性ができたのに、その女性は別の男性を好きになってしまい、失恋するというお話。
その映画の最後のシーンで流れます。

作曲したバート・バカラック自身が、自分の作品の中で最も好きな曲と言っています。
Hal Davidが先に詩を書き、メロディーは後からつけたようです。

歌詞があっての曲。聖書の引用が多いです。

初めのAメロは問いかけ。
ラストのAメロで、結論を伝えます。

なので曲の盛り上がり的にも、歌詞に沿った感じになります。(というか、したい。)


What's it all about, Alfie?

Is it just for the moment we live?



意味はこんな感じ。


生きるとは何だろう、アルフィー?

今だけ良ければ、それでいいのかい?

最も大切なものは何だろうか?

人に何かを与えるより、与えられる方がいい?

私たちは隣人を愛するべきではないのか?


アルフィー、優しいのが愚か者だとすれば

残忍でいることが賢いことなんだろう

でもそんな強い者たちだけを勝ち組とするなら

「何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい」

と昔から言われるのはどういうわけだろう?


僕には 天国があると信じているのと同じくらい確かなことがある

もっと大きなものがあるんだ

無神論者ですら存在を信じるものが


それが愛なんだよ アルフィー

本当の愛を知らなければ 僕らはただ存在するだけだ

本当の愛を知るまでは 生きていても何の意味もないんだよ


自分の心に従って生きるといい

そうすれば愛は必ず見つかるから




この曲は是非、デュオで演奏してみたいです。がんばるぞー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Someday My Prince Will Come [曲の備忘録 ~スタンダード]

「王子様とクリスマスライブ」
「王子様とレコ発ライブ」
「王子様とバースデーライブ」
などなど、私のライブは何かと「いつも王子様と[黒ハート]」がテーマになってきていますが・・・

次はこの曲。

邦題「いつか王子様が」。


【曲名】 Someday My Prince Will Come (1937年)
- Music by Frank Churchill
- Lyrics by Larry Morey


【曲について】

ディズニー映画 Snow White and the Seven Dwarfs(白雪姫)のテーマソングとして世に出たのは1937年。
ピノキオの「When You Wish Upon A Star(星に願いを)」と並んで、「100 greatest songs in movie history」にランクインしています。

ビル・エヴァンスやマイルス・デイビスをはじめ、多くのジャズミュージシャンにカバーされています。
浜崎あゆみや青山テルマもカバーしてるんですね~。

私も子どもを持つシンガーとして、ディズニーの曲もレパートリーに加えようと思いました。

音域が広いのは難しいところですが、高音から低音への着地が心地よく響く曲です。(と、思ってもらえるよう頑張ります。笑)

意味はこんな感じ。

いつの日か 王子様が来るわ
いつの日か 恋人に出会うの

夢に見た王子様が私のもとへ来る
その瞬間はどんなに素敵でしょう

彼は "I love you."とささやいてキスをするの
今は遠くにいても
きっといつか会えるのよ
私の夢が現実になるの


いつの日か 恋人に出会うの
いつの日か 私のものだと言える人に

出会った瞬間に分かるのよ
鼓動が速くなるんだもの

そしてずっと求めていた愛を
彼と語り合うの
今は遠くにいても
きっといつか会えるのよ
私の夢が現実になるの


優雅な3拍子のパターンが有名ですが、私はもう少し肉食系で合コンに行く感じをイメージして歌います。[パンチ]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 曲の備忘録 ~スタンダード ブログトップ