So-net無料ブログ作成
曲の備忘録 ~ポップス ブログトップ
前の10件 | -

Englishman In New York [曲の備忘録 ~ポップス]

先日ライブで、お客様から歌って欲しいと言われた曲です。
よくジャズでカバーされているスティングの歌。
これまで歌おうと思ったことはなかったのですが、この曲との出会いは。。。

私が中学一年生くらいの時、ウォークマンを初めて買ってもらい(もちろんカセットね)、
それで聴くためにいろんなCDをレンタルしてきては、カセットにダビングしていたのですが、
中学一年生にはカセットいくつも買うお金なんてないので、
よく姉から、上書きしてもいい古いカセットをもらって、上書きダビングしていました。

ダビングした大好きなアーティストの曲を聴きながら、いい気持ちで歩いていると、
最後の曲が終わった瞬間に、突然姉が録音していた曲に切り替わります。

これ、今の子どもはイメージできないだろうな。笑

それが、この「Englishman In New York」という曲でした。

だから、この曲自体にはあまりいい印象がなかったんですが!

大人になって改めて聴くといい曲なので、歌いたいと思います。

【曲名】 Englishman In New York (1987年)
- Music and Lyrics by Sting


【曲について】

ソプラノサックスの音色が印象的な曲。これは、ブランフォード・マルサリス(ウィントン・マルサリスの兄弟。名門マルサリス家のサラブレッド)の演奏なんですね。

原曲はレゲエ調に始まって、途中ロックなドラムソロが入ったりします。

が、私はジャズシンガーなので、レゲエではないかな。。。どう歌おうか考えるのもまた楽しく。

歌の内容は、ニューヨークに住むイギリス人。ってそのままですが
同じ英語圏の人間でも、ニューヨークに住んでると、ニューヨーカーとイギリス人の大きな違いを感じるのでしょう。
俺は孤高のイギリス人。別に染まる気は無い。
Be yourself no matter what they say.
とあります。

いいですね。

私はニューヨークに住んでいた学生時代、耳にいっぱいピアスあけたり、カラコンしてみたり、髪の色もかなり変えてたし、いつのまにかメイクも濃くなってて、孤高の日本人じゃなかったな。笑


意味はこんな感じ。

コーヒーは飲まない 紅茶にするよ
トーストは片面だけよく焼くんだ
話す時のアクセントで分かるだろう
僕はニューヨークの英国人なんだ

五番街を歩く僕を見てごらん
いつも片手にステッキ
肌身離さず持ち歩いてる
僕はニューヨークの英国人なんだ

ことわざのように「礼節が人を作る」なんて言ったら
彼こそ英雄だ
何を言われても気にせず微笑むんだ
そう何を言われても 自分らしくあれ

謙虚さや礼節は 高い悪評を呼ぶかもしれないが
君は唯一の存在になれるだろう
紳士的で真面目な態度は この社会ではとても稀なんだ
夜には一本のキャンドルでさえ太陽より明るい

武装したって一人前の人間にはなれない
免許を取ったところで銃は使いこなせない
敵に立ち向かえ そして可能ならただ避けるんだ
紳士は決して走ったりしないから

僕は異邦人 合法の異邦人だ
ニューヨークの英国人なんだ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Sir Duke [曲の備忘録 ~ポップス]

久しぶりのポップス。久しぶりのスティービー。
ライブをご一緒するピアニストの方からの、リクエスト曲です。

【曲名】 Sir Duke (1976年)
- Music and Lyrics by Stevie Wonder


【曲について】

1974年に亡くなった、デューク・エリントンへの敬意を込めて作曲されました。
曲中には、カウント・ベイシー、グレン・ミラー、ルイ・アームストロング、エラ・フィツジェラルド等も登場します。
こんな有名な曲なのに、これまで聞き流していて、全然知りませんでした。

なんていい歌なの!!

意味はこんな感じ。

音楽は一つの世界
その中では誰もが分かる言語で通じ合い
そして誰でも等しく
歌い、踊り、手拍子することができる

レコードにはgroove(レコードの溝)があるが
だからといってgroove(最高に素晴らしい)というわけじゃない
でもレコードが始まった瞬間に分かるはず
みんなが動き出すことを
みんな全身で溢れる音楽を感じるんだ

音楽は知っている
音楽はこれまでも これからも
誰にとっても不可欠なものだと
そしてそこには沢山の開拓者たちがいた
時代が過ぎようと忘れられない人たちが

ベイシー、ミラー、サッチモ、
そして王様デューク・エリントン!
エラのベルが鳴るような美声も
バンドは失っちゃいけない
ほら 体中に溢れる音楽を感じるだろう



全くその通り!
音楽は素晴らしい!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Man with the Bag [曲の備忘録 ~ポップス]

とても軽快でかっこいい曲なので、毎年クリスマス前になるとチャレンジしてみようかという気にさせられましたが、難しくて断念してきました。

この舌の回らない感じ、いつ以来だろう。。。

今年こそは歌うどー。

【曲名】 The Man with the Bag (1950年)
- Music/Lyrics by Irving Taylor, Dudley Brooks, and Hal Stanley



【曲について】

みんなが、「The Man With The Bag」(袋をかついだおじさん=サンタさん)を待ってるよ、という内容。

いい子のところにはサンタさんはやって来る。
「extra special good」なことをした子には、プレゼントを持ってきてくれるのです!


意味はこんな感じ。

さあ、Old Mr. Kringle がもうすぐ鈴を鳴らすよ

君の心配事を全部消し去ってくれる鈴の音

そりをいっぱいにして でもすぐにいっぱいではなくなるけどね

みんなの家にプレゼントを配っていくから


みんながサンタを待っている

だってまたクリスマスが来るんだもの


さあ、彼がやって来るよ

一年間の君の祈りにこたえて

きっと君もプレゼントがもらえるよ

この一年「特別いいこと」をしていたならね

彼は今年の12月を これまででも最高なものにしてくれる


みんながサンタを待っている

だってまたクリスマスが来るんだもの


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

This Christmas [曲の備忘録 ~ポップス]

いきなり寒くなりましたね。

今年は新しいクリスマスソングを歌おうと思います[クリスマス]

本当はこの歌、去年歌いたかったんだけど、間に合いませんでした。。。

【曲名】 This Christmas (1970年)
- Music and Lyrics by Donny Hathaway, Nadine McKinnor


【曲について】

R&Bシンガーソングライター Donny Hathawayの歌ですが、広いジャンルのアーティストにカバーされています。MISIAもカバーしているようです。

意味はこんな感じ。

柊を飾ろう
今年のクリスマスは 君ともっと近づける
ツリーを手入れしながら
君と一緒に過ごせるなんて
どれほど楽しいクリスマスになるだろう

明るく燃える暖炉のそばで
一晩中キャロルを歌おう
今年のクリスマスは僕にとって
とても特別なクリスマスになるよ

プレゼントとカードに囲まれて
僕の心は喜びと君で満たされている
ほら見渡せば
君の瞳は街のイルミネーションよりも輝いてる

メリークリスマス
さあ手をつなごう
世界中のみんなに
メリークリスマス



クリスマスシーズンの幸せな雰囲気って大好き!
ニューヨークにいた時、そこらじゅうの人が何気なく交わす 「Happy Holidays.」 の言葉にキュンキュンしてました[黒ハート]
家族や恋人や友達がいる幸せを感じる時ですね。
あー。はやくまた聖歌隊でクリスマスキャロルを歌いたい!!


さてこの曲のお披露目は・・・

---------------------------------
12月8日(日)@馬車道 KAMOME
13:00 start [クリスマス]
~王子様たちとクリスマスライブ~ (もうこのテーマやめようかな。。)
大地智子(vo)、リン・ヘイテツ(p)、池尻洋史(b)、宅間善之(vib)、工藤悠(ds)
MC 3500(3000円かも?)
---------------------------------
次回はついに、ずっと出演したかったKAMOME[るんるん]
今回はビブラフォンも加わります。
この組み合わせは初めてなので、どんな音になるのか、とーーーっても楽しみです!にひひ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Just The Two Of Us [曲の備忘録 ~ポップス]

いつか歌おう、いつか歌おうと思っていた曲。

【曲名】 Just The Two Of Us (1981年)
- Music and Lyrics by Bill Withers, William Salter and Ralph MacDonald


【曲について】

Grover Washington, Jr.(サックス奏者。スムースジャズの父と言われているそうです。知らなかった。)の「Winelight」というアルバムに入ったのが最初。 歌ってるのはBill Withers。

「クリスタルの恋人たち」という邦題もあるそうな。

延々おんなじコードの繰り返し。



意味はこんな感じ。

水晶のような雨のしずくが落ちるのが見える
太陽に照らされて美しく輝く

君とひとときが過ごせたなら
僕の心はあんな虹色になるだろう

やってみればできるはず
ただ僕ら二人きり
天空に城を築くんだ


僕らが求めているのは愛であって
涙はいらないんだ
無駄に流す涙では 
花を咲かせることはできない

待てばいいことが訪れるというけど
長く待ち過ぎてもだめなんだ
どうなるか分からなくても進まなくちゃいけない


水晶のような雨のしずくが落ちる音がする
玄関の窓を流れ落ち
朝露になる

ねえダーリン、朝になって光が差し込むとき
君の横にいたい

やってみればできるはず
ただ僕ら二人きり
空のずっと高いところに 大きな城を築くんだ


私の大好きな久保田利伸も歌ってる。超かっこいい~[揺れるハート]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ellie My Love [曲の備忘録 ~ポップス]

【曲名】 Ellie My Love (1989年)
- Music by 桑田佳祐
- Lyrics by Rumiko Varnes & Pete Hawkins


【曲について】

原曲「いとしのエリー」は、1979年リリース。
ドラマ「ふぞろいの林檎たち」のテーマソングとしても有名すぎるサザンのヒットナンバーです。

で、この英語のカバーソングが、1989年レイ・チャールズによって歌われました
サントリーウイスキーのCMソングに使われていたようです。

やっぱり違う言語のカバーって難しいなあ。
メロディーはそのまま、歌の内容も大筋は変えられない。となると、どうしても詩的な表現のレベルは落ちて、多少単調な内容に。。。


There were times I left your heart in pain
Time again I've turned and walked away
I get to where I'm going just to find
Won't be happy in this world
If you're not by my side
Ellie, my love so sweet

My heart told me to break away
Now I'm out here far away
Wish that I could hold you in the night
Then I'd wake up to a morning
That is warm and bright
Ellie, my love so sweet

Smile for me, won't you, baby
Forever you'll be on my mind
Drink with me won't you baby
We're gonna make it right this time
There's no one else like you
Anything you want, I'll do
Ellie, my love so sweet


エリー、やっぱり君じゃなきゃダメなんだ。
そう分かったんだ。
やり直そう。

って歌ですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

50 Ways to Leave Your Lover [曲の備忘録 ~ポップス]

ゆっくりPCに向かう時間がない!なさすぎる!!
気付けば前回の更新から、はや半年近くが経ってしまいました。。。
トップに広告出てきちゃったし。
息子も、既に7ヶ月だし。
でも、生後3~4ヶ月から、奇跡の10時間睡眠ベビー。そのお陰で、夜寝かしつけてからライブに行ったりできるようになりました。

練習会も、息子を背中にくくりつけて再開。
先日はやっとセッションにも行くことができました。

やっぱ、歌うことは私にとって、心と体の栄養です。すっごく元気になる[ぴかぴか(新しい)]

まあ、全然前のようにはいきませんけどね。

さて超久々に新しい曲。(一体いつ歌えるんだろ)

【曲名】 50 Ways to Leave Your Lover (1975年)
- Music and Lyrics by Paul Simon


【曲について】
タイトルがキャッチーだったので、ずっとどういう曲なのか気になっていました。

Paul Simonが最初の奥さんと離婚した後に書いた曲。
愛人(女)が、相手の男性に、奥さん(恋人?)と別れるためのアドバイスを連ねたリストソング。

ほほ~。こういう内容だったのね。。。
こういう目線で書かれた歌詞は嫌いじゃないですけど、スレた内容だわ。

意味はこんな感じ。

「何を一人で悩んでるの?」彼女は言った。
「落ち着いて考えれば簡単なことよ。
苦しそうだから、あなたが自由になれるように助けてあげたいの。
恋人と別れる方法なんて50はあるのよ。

彼女は言った。
「立ち入り過ぎるのは趣味じゃないんだけどね。
そこは誤解しないで欲しいんだけど」

「反感買うかもしれないけど、もう一度言うわ。
恋人と離れる方法なんて、50はあるのよ。」

「こっそり逃げちゃいなさいよ、ジャック。
新しい恋をしなさいよ、スタン。
恥ずかしがらないで、ロイ。」

「よく聞いてね。
バスに飛び乗るのよ、ガス。
じっくり話し合う必要なんてないの、部屋の鍵を捨てちゃいなさい、リー。
それであなたは自由になれるわ。」


彼女は言った。
「あなたが苦しむのを見ると私も辛いの。
あなたをもう一度元気にさせてあげたいわ。」

俺は言った。
「ありがとう、で、その50の方法ってどんなのかね?」

彼女は言った。
「今夜、私と寝てみない?
明日の朝には絶対、答えが見つかってるはず。」
そして彼女は俺にキスをした。
それで俺は認識した。
そうか、彼女は正しいのかもしれない。
恋人と離れる方法は沢山あるんだ。




誰か譜面持ってる人いないかな~~。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

The Rainbow Connection [曲の備忘録 ~ポップス]

もう今週9月ですね。
暑い8月はいろいろあったなあ~。
最後のライブがあったり、レコーディングがあったり、突然入院させられたり。[雷](みなさまご心配おかけしました。。。)
楽しいこともあれば、すごーく嫌なこともあったけど、私は季節が変わると全部忘れちゃうのだ。

来週は最後の練習会。しっかり準備しとこう。
さて。ずっと前、先生に「隠れた名曲だよ」とお勧めされた曲です。


【曲名】 The Rainbow Connection (1979年)
- Music and Lyrics by Paul Williams and Kenneth Ascher


【曲について】

カーペンターズの曲だと思っていたら、もともとは、カエルのカーミットが映画「The Muppet Movie」で歌っていた曲だそうです。

なので、オリジナルは、カーミットです(笑)


3コーラスある。

Why are there so many songs about rainbows?
And what's on the other side
Rainbows are visions, but only illusions and
Rainbows have nothing to hide

So we've been told, and some choose to believe it
I know they're wrong wait and see
Someday we'll find it
The rainbow connection
The lovers, the dreamers and me


Who said that wishes would be heard and
answered?
When wished on the morning star
Someone thought up that, and someone believed it and
Look what it's done so far

What's so amazing that keeps us stargazing
And what do we think we might see
Someday we'll find it
The rainbow connection
The lovers, the dreamers and me


All of us under its spell
We know that it's probably magic


Have you been sleeping
And have you heard voices
I've heard them calling my name
Is this the sweet sound that calls the young sailors?
The voice might be one and the same

I've heard it too many times to ignore it
It's something that I'm supposed to be
Someday we'll find it the rainbow connection
The lovers, the dreamers and me


虹のようにつかみどころのない歌詞で、イマイチ意味が分からないのですが。
たぶん意味はこんな感じ。

なぜこんなにたくさん
虹についての歌があるのかしら
虹の向こうに何があるのか、とか
虹は見えるものだけど、ただの幻
そしてそこには何も隠していない

虹はそんな風に言われてきたし
そう信じてる人もいるけど
私は違うと思うの
そのうちに分かるわ
いつか私たちは見つけるでしょう
虹のつながりを
恋人たちと、夢見る人と、そして私のつながりを

誰が言ったのかしら
朝の星にかけた願いは叶えられるなんて
そんなことを思いついた人がいて
それを信じる人がいて
さあ結果どうなったかって

本当に驚いたことに
私たちは星を見つめ続けるの
そこに何が見えることを期待してるのかしら
いつか私たちは見つけるでしょう
虹のつながりを
恋人たちと、夢見る人と、そして私のつながりを

呪文にかけられた私たちはみんな
多分魔法じゃないかって知っているの

あなたは眠っている間に声を聞いたことがある?
私は自分の名前を呼ぶ声を聞いたわ
これが若い水兵を呼ぶ魅惑の音なのかしら
あの声と同じものかもしれないわね

私はその声を何度も聞いていて
もう無視できないの
私はそういう風になることになってるのかも
いつか私たちは見つけるのよ
虹のつながりを
恋人たちと、夢見る人と、そして私のつながりを



アメリカにいた頃、↓これが流行ってた気がします。もう知ってる人少ないかなあ。
kermit.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

It's Too Late [曲の備忘録 ~ポップス]

久しぶりにCD屋さんを覗いてみた。
最近、ジャズミュージシャン二世の登場が増えてきてるような。
メル・トーメの息子とか、イリアーヌの娘とか。
イリアーヌの娘、Amanda BreckerのCDを買ってみた。
ジャズではなくポップスでした。
よく見たら、書いてあった。
「両親はジャズミュージシャンだけど私は違います」
でもジャズを聴いて育った人の根底には、ジャズが流れてると思うなあ。長くやってったら変わっていくのかも。

さて。
ずっと前に歌おうと思って練習しているうちに飽きて、そのままお蔵入りした曲が、この彼女のアルバムに入ってました。

ライブで歌う機会が何回あるのか分かりませんが、せっかく思い出したので歌ってみようかな。


【曲名】 It's Too Late (1971年)
- Music by Carole King
- Lyrics by Toni Stern


【曲について】

キャロル・キングの曲です。
70年代の音楽って、私が最も通じていない音楽。
実は今調べるまで、キャロル・キングって勝手に男性だと思ってました。そりゃ女性だよね、キャロルなんて。

意味はこんな感じ。

お昼までずっとベッドの中で時間を潰した
何かがおかしいの
認めざるを得ない
私たちのどちらかが変わってしまったか
もしくは努力するのをやめてしまったか

あなたとの暮らしはとても心地よかった
あなたはそよ風のようで
私もすべきことを分かってた
でも今のあなたは幸せじゃなさそう
私は自分がむなしく思えてくるの

もう遅すぎるのよ
私たちはうまくいくよう頑張ったけど
心の中の何かが死んでしまった
それを繕うことはもうできないの

これから先
私たちの間にいい時間が再び訪れるかも知れない
ただ、もう一緒にここにいることはできない
あなたも感じるでしょう

でも私はとてもよかったと思ってる
あなたと過ごせたこと そして
あなたを愛したことを

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

A Whole New World [曲の備忘録 ~ポップス]

来月末、天使のような男性ボーカリストと共演するのですが、そのライブでこの曲をデュエットすることになり、埋もれていたCDを久々に引っぱり出しました。

さすがに学生時代に聴きまくった曲というのは、歌詞だけでなくて、ちょっとした息づかいやフェイクまで忠実に覚えてた。思ったよりは楽に習得できるかも。。。。

【曲名】 A Whole New World (1992年)
- Music by Alan Menken
- Lyrics by Tim Rice


【曲について】
言わずと知れた、ディズニー映画「Aladdin」の主題歌です。

アラジンがジャスミンを魔法の絨毯に乗せて連れ出し、空を飛びながら自由な外の世界を見せるシーン。この、映画の中で最もキーになるシーンで、二人が歌います。

これは2バージョンあります。
映画の中で二人が歌ってるもの(Brad Kane, Lea Salonga)と、映画の主題歌(Peabo Bryson, Regina Belle)。

意味はこんな感じ。

~アラジン~
君にこの世界を見せてあげる
輝いて素晴らしいこの世界を
プリンセス、最後に自分で何かを決めたのはいつのこと?

目を覚まさせてあげる
不思議なことの連続だよ
魔法の絨毯で出かけたら

まるっきり新しい世界
新しい角度から世界を見るんだ
誰も僕らに、禁じたり指図したりしない

~ジャスミン~
まるっきり新しい世界
これまで知らなかった輝かしい場所
この空高くにいるとはっきり分かるの
あなたと新しい世界にいると

信じられない眺め
言葉で表現できないくらいの気持ち
この果てしないダイヤモンドのように輝く空を
自由に飛び回るのよ

目を閉じないで
見なくちゃいけないものが沢山あるんだから

ずいぶん遠くにきちゃった
もう元いた所には戻れない

この新しい世界をあなたと分かち合いたい
スリルに満ちた素晴らしい世界
私たち二人のための
まるっきり新しい世界



日本で映画が公開されたのは1993年夏。
高校一年生の時か~。対訳見ながら英語の勉強したなあ。。。懐かしい。

この曲は3月31日(木)横須賀おれんじやライブで演奏予定です[るんるん]

↓映画の中で二人が歌うシーン。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 曲の備忘録 ~ポップス ブログトップ